DRTをすることで


『背骨を揺らすことで』

ふくらはぎや肩を触って
【体の状態】を【チェック】させてもらっています。

その後、首を触らせてもらってます。

【首を触ったときに痛みがある人】と言うのは
【背骨に歪みがある】から
【第2頸椎に痛み】が出て教えてくれています。

施術では!

【背骨を揺らして調節】することによって
【痛みが無くなったり半減】したりしますよね?

【なぜ揺らすのか】
というと

【脳とからだの末端を脊髄神経支配エリアに問題起きてないですよ】

と脳に伝えることをしています。

【ふくらはぎが固い】
【肩が固い】
【首が固い】

ということは!

【背骨がズレている】せいで
【これ以上ズレたら大変】なことになり

【坐骨神経痛やヘルニアになったらさらに大変!】

と教えてくれていて
【防御しようとしてる状態が固い状態】になり

それが【コリ】と言われている状態となります。

それを【背骨を揺らすこと】
によって調整し
【自然治癒力が一番働きやすい状態】
にしています。 

そうすることによって… 

血行が結構よくなります(笑)

調整中や調整後にポカポカしますもんね!

中には【好転反応】として
次の日に
頭痛が…など不調を抱える方もおられますが

大丈夫です!

動きにくかったところが元に動こうとしているために
【良くなっていっているサイン】
なので安心してください👌

IMG_20190307_190855_787

2019-03-10 | Posted in DRT, お知らせComments Closed 

関連記事