足もみと体温


『足もみと体温』
https://ameblo.jp/cuisinieralamaison2015/entry-12506833021.html
人間本来
どれくらいの体温であるのが
普通なのでしょうか?
昔懐かし水銀温度計
なぜ37℃が赤いかというと
平熱の目安が37℃
ここを目標して下さい
という意味になります。
赤血球
NK細胞活性化する温度
37℃から頑張ってくれます
その代わり遠ければ遠いほど…
36℃以下低体温
感染症なりやすいばかりか、
アレルギー出やすくなったり、
ガンなどの病気にもかかりやすい
言われています
そして
子ども平熱大人平熱
思っている温度とは違うことが多いからです。
添加物をはじめとした悪い食事
そして少し暑い寒いからと
冷暖房すぐ使う生活コンクリート住居
自然遊ばないことなどが
考えられています
戦前統計によれば
子ども正常体温は
0~6歳は38度台一般的で、
6~12歳は37度台くらい下がってきて、
やっと12歳を超える36度台くらい
になってきた統計もあるみたいです。
最近は小さな子どもでも
35度36度台がいます。
細菌ウィルス体内入る
発熱下痢嘔吐鼻水耳垂れ
など体温上げようとして
体内から排出しようとします。
その活動免疫力向上
生み出すわけですが、
子ども日々それを行うのが普通
平時から体温高いわけです。
なぜ低体温起こるのか?
遊ばせないこと
少し寒いからと着せすぎなこと
冷暖房使い過ぎなこと
腸内環境常在菌少ない状況にすること
母乳育てないこと
妊娠前妊娠中母親
食べ方添加物防腐剤経皮毒などがあります。
出来ることは
運動して筋肉量増やす
ストレッチをする。
足もみをする。
姿勢注意する。
書いたこと注意する。
1つずつでも取り組んでいってみましょう!

☀️暑くなりましたね☀️
ぎっくり腰むくみ気温の変化の不調
大丈夫ですか??
全体的揉む血流良くなって
温まります
毎日少しでも揉んであげる変わりますよ(^-^)
急な気温の変化負けないよう
ご自愛くださいね(^^)b
体の老廃物(汚れ)重ねれば重ねるほど
どうしても溜まっていきます
 

若ければ若いほど
 
早ければ早いほど
不調になってからすぐであればすぐであるほど、
施術の効果は出やすいです。
そして
週1のプロのチェック
+
毎日の足もみやセルフケアの実践
が、
若石足療サロン楽笑最大限効果アップには
必要になります。
元気な方でも歯医者などの
定期メンテナンス同じように
毎日の足もみ+月1回や3ヶ月に1回などの
定期的なメンテナンス必要だと考えています。
👣毎日磨くように揉むことで
昔の人同じように血行のいい生活をして
自分自身病気治す力ケガ治す力持ち
普段からリラックス身体冷やさないこと
バランスのとれた食事、睡眠、運動をし
お医者さん借り
昔以上健康な生活
いつまでも楽しく笑っていられますように👣
サロン楽笑

施術中など、電話出られない場合
着信確認後にこちらから折り返しご連絡
させていただきます。
もしくはSMSでご連絡お待ちしております。
赤ちゃん足もみ講座もさせてもらってました👶
また日程を調整中なので少しお待ちください。

⬆️なぜ足は第2の心臓と言われるのか⬆️

⬆️基本ゾーンの場所⬆️

⬆️腰痛や坐骨神経の反射区の場所⬆️

⬆️簡単に足の疲れをとるやり方⬆️
 
 

⬆️お店の情報⬆️
 

⬆️毎日簡単足裏刺激⬆️

⬆️毎日出来る足裏への刺激
2019-08-15 | Posted in DRTComments Closed 

関連記事